WordPress

WordPress導入後の初期設定!初心者に分かりやすく説明

更新日:

WordPress初期設定のタイトル画像

こんにちは☆
『アフィリエイトのおへや』管理人のおきくです。

 

この記事を開いているということは、WordPressのインストールは無事終わりましたでしょうか?

 

初めてブログ作成をされたあなたは、サーバーだとかドメインだとか分からない事だらけだったと思います。
『よーしブログ作るぞっ!!』って頑張ってここまでたどり着いたと思います。

 

 

そして..........

アフィリエイトで沢山稼ぐぞーって方も、趣味ブログや日常のブログ等を作成される方も、

WordPressのインストールが終わったので、今すぐにでも『記事を沢山投稿するんだ』って気持ちかもしれません。

 

 

でも、チョット待って下さいっ!!!

 

ちょっと待ったのイラスト

ちょっと待った~!!!

 

 

 

記事を投稿する前には、とても大切なWordPressの初期設定をしなければいけないんです。

 

ほんと必須の設定!!

 

投稿自体は今すぐにでも出来るのですが、最初にこの初期設定を怠ると、後々困った事になってしまいますので、絶対に設定する必要があります。

画像をみながらゆっくりでも良いので設定し、安心して記事を投稿しましょう☆

 

 

今回の記事では、WordPressをサーバーにインストールまでされた初心者の方への説明となっています。
もし『サーバー?・ドメイン?作業の流れが知りたい』って方はこちらが参考になりますので読んでみて下さい。

<ブログ作成(アフィリエイト)までの一連の流れ>
初心者がアフィリエイトを始める為に必要な工程【作業する順番】を考える

 

 

 

WordPressが初めての方への設定

初めてみる画面は左側に項目がズラッとあって不安になることでしょう。WordPressには様々な沢山の機能があります。
しかし、今回の記事でいきなり全てを覚えて設定していくというのは効率が悪いです。

今回は、記事の作成が可能になるところまで設定していきます。初心者が変更しなければいけない所は、画像を添えて説明していきますので宜しくお願いします。

 

注意ポイント

右上の表示が、WordPressにログインする時の【ログイン名】だとすると非常に危険ですので変更する必要があります。
WordPressでユーザー設定写真4もし変更されていない場合は『ユーザー』→『あなたのプロフィール』で変更します。

プロフィールの変更方法とセキュリティー強化

 

 

ではこれから、左側の【設定】項目について説明していきます。

WordPress初期設定の画像3

 

 

 

『一般設定』の項目

左側の【設定】にある『一般設定』をクリックする

WordPress初期設定の画像1

 

 

①サイトのタイトル

名前の通りサイトのタイトルを入力していきます。このタイトルは検索エンジンの検索結果に反映されますので、表示されたいキーワードを入れる事はSEO(上位表示される為の方法)の観点からも大切であるとされています。
しかし、最近はGoogleのロボット(サイトの巡回に来る)も優れているので、サイトタイトルよりも、記事の中身を確認してきます。その為、より読者に優良な情報を提供出来るかが大切であると思います。

どちらかというと、好感が持てる名前や覚えやすい名前をタイトルにするのがお薦めなのかもしれません。

おきくは、『アフィリエイト』というキーワードを入れたタイトルにしましたが、一概に入れたからといって、SEOにとって大きな変化があったようには感じませんでした。

 

何度もいいますが、SEOで上位表示させる為には、『訪問者にとって優良な情報を提供する』事がとても大切です。

 

注意ポイント

『サイトのタイトル』と、『投稿記事のタイトル』は、別ですので間違えないようにしましょう。投稿記事のタイトルには、キーワード選定が非常に重要ですのでしっかりと考える必要があります。

 

②キャッチフレーズ

このサイトがどういったジャンルのブログであるかを書いていきます。
SEOとしては、メタディスクリプションという扱いになります。

注意ポイント

無料のWordPressテーマの場合は、このメタディスクリプションが『タイトルタグ(title)』であったり、『見出しタグ(h2)』として使われる事もありますので注意です。SEOとしては、デメリットになります。

その為、ブログによっては、キャッチフレーズを【書いたほうが良いと書かれている】【SEOで不利になるから書かない方が良い】と情報が分かれているんですね。

WING(アフィンガー5) ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」 など、有料のテーマであれば製作者様がしっかりとSEO対策をされていますので、キャッチフレーズに書き込むことが出来ます。

テーマのメタディスクリプションを確認していく為には以下の方法があります。

  1. Google Chrome→右クリック→ページのソースを表示で確認していく
  2. WordPress→外観→テーマの編集で確認していく
  3. FTPソフトで中身を開いて確認していく

しかし、初心者には少し敷居が高いかもしれませんので今回は省かせて頂きます。

 

③WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)

ここの『WordPressアドレス』と『サイトアドレス』には触らないようにしましょう。

アドレスが変わってしまうとWordPressにログインできなくなってしまうので注意が必要です。ログインできないという事は、WordPress内では復帰させる事が出来ず、『FTPソフト』を使って改善する事になります。
※『SSL』の設定の時には、WordPressアドレスとサイトアドレスを変更する必要があります。

 

④メールアドレス

メールアドレスは、WordPressの更新などで連絡が来ます。
いつでも確認出来るメールアドレスを記入します。

 

⑤メンバーシップ

これは、作成したサイトを、複数のユーザーで管理する場合に使用します。
このメンバーシップにチェックが入ると、管理者以外の方でも、新規ユーザーを追加する事が出来るようになります。

個人で運営していく場合や初心者の方は、セキュリティー面も不安ですのでチェックを外しておきます。

 

⑥タイムゾーンの設定

デフォルトのままで大丈夫です。

 

⑦しっかりと『保存』をクリック

保存ボタン

※まだWordPressに慣れていない方は、設定した後、【変更を保存】をクリックし忘れる事が多いですので注意。

 

 

『投稿設定』の項目

『投稿設定は』デフォルトのままで大丈夫です。

投稿用カテゴリーは記事作成の時に変更できますし、メールでの投稿も使うことがありません。
また、この機能は廃止になるとの事です。

更新情報サービスとは、記事を作成すると自動的にブログランキングサイトなどに送信する機能です(PING送信)。
しかし、インデックスされるスピードもあまり変わりがない為、無記入でも大丈夫です。

おきくは最初PING送信先を更新していましたが、現在はデフォルトのまま運営していますので、やはり無記入をお薦めします。

 

それでも不安だって方は、下記をコピーして貼り付けてみて下さい。(サービスが終了しているものもあるかもしれませんが、それほど重要ではないので大丈夫です。)

<PING送信先>

 

 

『表示設定』の項目

左側の【設定】項目の『表示設定』をクリック

WordPress初期設定の画像4

 

ホームページの設定

ブログのような新しい記事が更新されるようにするか、固定ページを使ったページにするかの設定です。

WordPress初心者であれば『最新の投稿』にチェックで大丈夫です。最近はブログ形式のトップページが多いので問題ないです。

固定ページというのは、ある程度サイトの構成が決まっている『会社WEBページ』などで使用される事が多いです。この固定ページにする場合は、ワイヤーフレーム(最初にページの構成を考える)を作成し、CSSなどで横並びにしたり、ボタンの位置など最初にデザインを変更していきます。
こちらの記事を読まれている方は、初心者であると思いますのであまりお薦め出来ません。慣れてきましたらTOPの固定ページに挑戦してみましょう。

 

1ページに表示する最大投稿数

ページにいくつ投稿記事を載せるかの設定です。

10件前後がお薦めです。

表示する投稿数が多すぎると、ページの読み込み速度が遅くなり訪問者が離れる原因にもなります。
また、逆に少なすぎると情報が少なくて、優良な記事であっても気づかれずに離れてしまう可能性もあります。

 

RSSの設定項目

こちらもデフォルトで大丈夫です。

【RSS】を簡単に説明すると、このRSSツールを使用する事で、色々なサイトの新着情報や更新情報を自動で取得する事ができます。

例えば、気に入ったサイトを見つけたとします。登録しておく事で、新着記事が配信された時に連絡が来るようになります。
現在は、TwitterやLINE、FacebookなどのSNSでの配信もありますので、それでも大丈夫なように思います。

『Googleリーダー』は廃止されてしまったので、『feedly』というツールが多く使われています。

 

検索エンジンでの表示

現在作成しているWEB・ブログ・サイトのインデックスに関わる設定を行います。
※インデックスとは、クローラー(Googleロボット)がサイトを巡回して『こんなジャンルのサイトで、こんな記事があるよ』とデータベースに登録することです。登録されると、順位が決まりインターネット上に表示されるようになります。

チェックを入れる事で、サイト全体に『noindex』という記号が設定されます。
簡単に伝えると、サイトを作成中で、まだインターネット上に表示させたくない(検索エンジンに引っかからない)時にチェックを入れます。

注意ポイント

検索エンジンには引っかかりませんが、作成したブログ自体はインターネット上に存在している状態ですので、直接アドレスを記入すれば訪れる事が出来ます。

 

さてさて、次の項目に行きますよっ!!

応援する女性の画像

後半も頑張ろう♪

 

 

『ディスカッション』の項目

左側の【設定】項目の『ディスカッション』をクリック

WordPress初期設定の画像5

 

投稿のデフォルト設定

この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる

自身のサイトに、他の方のサイトを紹介した時(リンクを貼った)に、相手のサイトに『リンクを貼りましたので宜しく』と通知が行くようになる設定です。

おきくは、設定を外していますが、相手側が認証すると相互リンクが得られるようになります。

 

新しい記事に対し他のブログからの通知(ピンバック・トラックバック)を受け付ける

上記と逆であり、他のサイトでリンクを貼って頂いた時にあなたのメールアドレスに通知が届くようになります。

リンクを貼ってもらうと通知が来るのですが、相互リンクするかどうかは、選ぶ事が出来ますのでチェックは入れています。

 

新しい投稿へのコメントを許可する

作成した記事の下にコメント欄を作るか作らないかの設定です。
チェックを入れるとコメント欄が作成され、訪問者が記入する事が出来ます。

おきくは、『お問い合わせフォーム』からメールでの質問やコメントを受け付けていますので、チェックは外し、コメント欄は設定していません。

コメント欄は好みで選んで大丈夫です。コメントは訪問者はみんな見る事が出来るのでしっかりと、質問に対して返答する事で、他の方へのアピールになります。迅速な対応が出来る方であれば、メリットも多いので作成しても良いのかもしれません。

 

他のコメント設定

この項目は、【新しいコメントを許可する】にチェックを入れて作成した時の設定となります。
簡単に上から説明していきます。

 

名前とメールアドレスの入力を必須にする

コメントを記載する時に『名前とメールアドレス』の入力を求めるかの設定です。

記載する側としては、メールアドレスが必須になっているとコメントを躊躇してしまうかもしれません。チェックを外しておく方がコメントを貰える確率が上がります。

簡単にコメント出来る事で、迷惑なコメントが増えそうですが、後半の『コメント表示条件』でコメントを確認してから表示する事ができます。チェックは外しておくと良いと思います。

 

ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

ユーザー登録しないとコメントが出来ない設定です。

メンバー制の設定にしないのであれば、チェックはいりません。

 

○○日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

古い記事を自動で閉じる設定です。

コメント欄でそれほど多く記載される事も無いと思いますので、チェックは外しても大丈夫です。

 

コメントを○○階層までのスレッド(入れ子)形式にする

コメントに対して返信すると、少し右にずれて分かりやすくなる設定です。

好みの問題ですが、分かりやすいとの事であれば、チェックは入れても大丈夫です。

 

1ページあたり○○件のコメントを含む複数のページに分割し~トップに表示する

1ページに表示されるコメント数が多い場合、別のページに作成される設定です。

そんなに多くのコメントがつく事も少ないですのでチェックはいらないと思います。

 

自分宛のメール通知

コメントが投稿された時

相手がコメントを記載した時にあなたのメールアドレスに連絡が来る設定です。

記事が増えると気づかない事もありますので、チェックを入れる方が安心です。

 

コメントがモデレーションのために保留されたとき

リンクが貼られているコメントが来た時の設定です。

これは、スパムコメントといっていくつもの外部リンクが貼られている迷惑なコメントです。
わざわざ確認する必要が無ければ、通知が来ないようチェックは外します。

 

コメントの表示条件

 

コメントの手動承認を必須にする

コメントが投稿された時にすぐに反映させるか、あなたが確認してから投稿するかの設定です。

悪いコメントもあるかもしれませんので、チェックしてから表示するのが良いです。
チェックを入れる事で、コメントが投稿されると承認待ちになります。手動で確認してから表示するのがお薦めです。

 

すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする

初めてのコメント投稿の場合承認が必要であるが、一度承認されれば、次からは承認が要らず投稿出来る設定です。

コメントはチェックする方が安心ですので上記の【手動承認】にチェックを入れて、こちらのチェックは外す方が安心です。

※しかし、常に承認が必要であるため、いつもコメントを投稿して頂ける方からしたら、『信用されていない』と思われる可能性もあり、デメリットでもあります。

 

コメントモデレーション・コメントブラックリスト

これらの設定も【手動承認】にしておけば、デフォルトのままで大丈夫です。

また、WordPressのプラグインで対応が出来ます。

 

アバター

コメント欄に表示される自身のプロフィール画像の設定です。

デフォルトのままで大丈夫です。

 

 

『メディア』の項目

左側の【設定】項目の『メディア』をクリック

 

メディア設定

画像を追加した際に、『サムネイル』『中サイズ』『大サイズ』と3つの画像ファイルがWordPress内に生成されます。
テーマによって、決まったサイズに指定したい場合は設定します。

おきくは、デフォルトのまま使用しています。
※記事作成中に挿入した画像をいつでも微調整する事も可能です。

 

ファイルアップロード

アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理

画像ファイルを追加した時にファイル名に年月を入れるかの設定です。

くらげイラスト←例えばこの画像

チェックあり:https://affiliroom.net/wp-content/uploads/2018/03/fish_character_kurage.png

チェックなし:https://affiliroom.net/wp-content/uploads/fish_character_kurage.png

おきくは、少しでもアップロード内のフォルダを少なくする為にチェックは外していますが、どちらでも大丈夫です。
チェックを外していても、日付の検索はできます。

※FTPソフトで画像の管理もされる方はフォルダごとに分かれるので便利かもしれませんね。(【エクスプローラー】のようなフォルダが並んでいるので探しやすい)・・・初心者の方にはちょっと難しくなってしまいますので、ここでは触れないでいきます。

 

 

『パーマリンク設定』の項目

左側の【設定】項目の『パーマリンク設定』をクリック

 

WordPress初期設定の画像6

 

パーマリンクとは、WordPressで記事を作成すると、一つの記事ごとにURLが設定されていきます。このURLをどのような構造(表示)するかを指定するものです。

上記の画像の通りですが、日付を入れたり、数字を入れたりといった項目もありますが......

 

一番お薦めするのが、【投稿名】にチェックです!!

 

☆大切☆

なぜここが大切かというと、記事が増えてくるとジャンルごとに【カテゴリー】で分けるようになります。しかし、ここを他の複雑なURLにしてしまうと、【カテゴリー】を変更した時にURLが変わってしまいます。
そして、URLが変わってしまうと、今まで上位表示されていた記事でも巡回してくるロボットが新たな記事として登録され、圏外に飛ばされる事になります。

後々、サイトが育って来た時、カテゴリーの移動が出来るようにパーマリンクの設定を最初にするのが大切なのです。

※パーマリンクの設定は、SEOの観点からも途中で変更はしません。

ポイント

よく他のサイトで、『カスタム構造にチェックを入れて【/%postname%/】と入力』とありますが、投稿名と同じ意味となりますので、【投稿名にチェック】で大丈夫です。

 

 

 

おおおぉぉぉぉ~!!!

 

 

お疲れ様のイラスト

 

 

 

今回のまとめ

今日は、『WordPress導入後、最初にしなければいけない初期設定』という記事でした。
出来るだけ初心者に分かりやすく伝えたいと思っていたのですが、設定できましたでしょうか。

設定ほんとお疲れ様でした。

 

記事を書いてからパーマリンクの設定をしてしまうと『URL』が変わってしまうので、最初から設定する必要があったのです。
せっかく良質な記事を書いて上位表示しても、URLの変更によって、圏外に飛ばされるのは避けたいですからね☆

初期設定のまとめ

<最低限の確認・変更しなければいけないところは>

  1. 右上の名前をしっかり変えているか(セキュリティー対策)
  2. サイトタイトルを決める
  3. キャッチフレーズを考える
  4. メールアドレス入力
  5. WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)には触れない
  6. 検索エンジンでの表示(noindexにするか、公開するか)
  7. ディスカッションの設定
    ●相互リンクどうするか
    ●コメント欄どうするか(作成する場合は【手動承認】にする)
  8. パーマリンクの設定(【投稿名】にチェック)

箇条書きにすると、先程まで設定した項目が思い出されるのではないでしょうか。
慣れてしまえば変更する場所は決まっているので、すぐに出来るようになります☆

2つめのブログの時は、ちゃちゃっとカップ麺にお湯を注いで待っている時に設定が終わりますね(笑)

 

 

他にもWordPressには、ずら~っと縦に項目がありますが.......
見なかったことにして・・・一度お茶でも飲んで一息つきましょう♪

 

          お茶のイラスト

 

 

『ぐるぐる回ってて、飲めるか~』ってツッコミいただきました!(汗)

 

本日も最後までありがとうございました。

 

頑張れおきく!!!!

皆様もWPの初期設定お疲れ様でした!!!!

 

 

人気のある記事

アフィリエイトおすすめテーマアイキャッチ画像 1

  こんにちわ、こんばんわ、『アフィリエイトのおへや』管理人のおきくです。   2019年2月10日更新 2019年版としてテーマを随時更新しています     ...

A8.netとエックスサーバーの契約写真 2

    今回は実践としてA8.net とエックスサーバー の登録方法を画像を添えて説明していきたいと思います。   画像の通り実行していけば簡単に登録が出来ると思います。勿論初めて ...

テーマのアイキャッチ画像 3

どうもです。『アフィリエイトのおへや』管理人のおきくです。     WordPressといえば、HTMLやSSLの知識が無い初心者の方でも、ある程度簡単にカスタマイズを出来るのが魅 ...

4

こんにちわ、おきくです。 今回はASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)のお話です。   ASP!!なんだかとてもかっこいい名前が出てきましたね(´・ω・`) この『ASP』はアフィリエ ...

初心者のおすすめレンタルサーバー 5

  こんにちわ、こんばんわ!!おきくです。   今回は初心者必見!沢山あるレンタルサーバーのお話です。   なぜ有料レンタルサーバーが良いのかは下記の記事を参考にして頂け ...

-WordPress
-, ,

Copyright© アフィリエイトのおへや , 2019 All Rights Reserved.