WEB関連

『Googleサーチコンソール』とは?初心者が特に必要な機能の説明とWordPressへの設定方法

更新日:

googleサーチコンソールの設定方法メイン画像

こんにちわっ!おきくです☆

 

今日は『Google Search Console(グーグルサーチコンソール)』の説明とWordPressへの設定方法を画像を使って説明していきたいと思います。

 

おきくはWEB制作を始めた頃、『Googleサーチコンソール』って何なんだろう??

 

ぐ......ぐるぐるサーチするコンソール?

 

シーン・・・・・・・(・・)

 

うん...いつもながら完璧にすべりましたね・・・・・。

おきくが転倒

おきく(痛)!!!

 

と、上記の出来事は忘れていただいて、【Googleサーチコンソール】の説明ですね。

 

 

「まさか登録しなくてはいけないの?」と声が聞こえてきそうですが、
そうです!このアフィリエイトも含め一生懸命にWEB作成に取り組んでいるあなたは、
この『Googleサーチコンソール』を導入する事は大事なことです。

無くても、サイトの運営は出来るには出来るのですが、無料で沢山の機能を使えるツールをGoogleが提供しているので、使っちゃいましょう!

 

無料なので(笑)!!

 

おきくも最初は『Google Analytics』ってのもあるけど、『Google Search Console』と、どっちがどっちでなんの機能なの?
と分からないまま導入だけはしていました。

初心者にとっては、「いろいろな機能が使えるんだよ!絶対導入だよっ!」と言われても、ワードプレスの使い方だけで頭がパンクの状態!

それどころではないと思います。

 

ざっくりと機能の説明をすると、自身のサイトの状態を確認できるツール。
サイトの運営に問題があった時の情報を知らせてくれたり、サイトの更新を伝えたり、自分のサイトがどのように検索結果に表示されているのかを確認する事が出来ます。

 

まだWEB作成に慣れていない初心者の方は、『こんな機能があったな』『SEO対策に必要なツールだよね』と下記の説明を参考にしましょう。

 

そして、やはり良いサイトを作成する為にはいずれ必要となるツールですので、導入は頑張りますよ(*´ω`*)

 

Googleサーチコンソールの機能を理解している方は、後半から画像つきで導入方法を説明していますので【MENU】より飛んでみて下さい。

 

初心者が特に必要な『Google Search Console(グーグルサーチコンソール)』機能の説明

Googleが提供している無料のツールであり、ウェブサイトの運営に関わるツールとして使用されます。
昔は、『ウェブマスターツール』と言われていましたが、名称が変わっただけですので一緒です。

沢山の機能があるのですが、特に初心者に必要な機能を説明していきます。

使い方も大事ですが、最初から全部使いこなすのは難しいので、まずは、どんな機能があるかを覚えておくと良いと思います。後々必要に迫られたときに「Googleサーチコンソール」を開くと思いますので(*´ω`*)

 

 

1)サイトに問題がある場合は、Googleからペナルティや、解決策の通知を受け取る事が出来る

自分では気づかないうちに、Googleのガイドラインに違反している事もあるかもしれません。そのようなペナルティをされているサイトに対して警告を出してくれます。

外部からの嫌がらせ(記事の複製・クリック数の過剰な増大)や、ハッキング・マルウェアなどの被害を受けているかもしれません。
※マルウェア:悪意のあるソフトウェアやコードの総称(ウィルス・ワーム・スパイウェア等が含まれる)

『Googleサーチコンソール』を導入していると、このような問題が発見された時、メッセージで知らせてくれる為、早めの対応が取れます。

ペナルティがある場合は、サイトが飛ばされる(検索上位から外される)ので、SEOの対策としてとても重要となります。迅速に適切な対応・改善が必要となります。
※手動ペナルティと自動ペナルティがあるのですが、自動ペナルティの場合はメッセージは来ません。

 

 

2)サイトのコンテンツ(記事)をGoogleにインデックスされるようにする

【Fetch as Google】という機能なのですが、記事更新した場合、早くGoogleにインデックスされるようにする機能です。
どれだけ優良な記事を沢山更新しようと、Googleが自分のサイトを認識(インデックス)してくれないと、検索エンジンに引っかからず誰も訪問してくれません。 

『サイト作りましたよ』『記事を更新したのでみんなに来てくれるようにお願いします。』と、こちらからGoogleに伝えていく事が必要となります。

また、特に旬な記事を書かれる方の場合、速さが大切であり、出来るだけ他者より早くインデックスされる事が必要ですので、【Fetch as Google】機能を使いGoogleに依頼します。
※このリクエストはGoogleに依頼する形ですので、すぐにインデックスされるというわけではないです。

Googleクローラーといって一度サイトを認識すれば、時々サイトに訪れてくれます。
『しっかりとクローラーが来ているか』、『サイトのインデックスが出来ているか』確認する事も出来ます。

 

 

3)自サイトの情報を収集する事でSEO対策に使用

初心者の方は、この項目が『Googleアナリティクス』と似ていて混乱するのかもしれません。

『Google Analytics(グーグルアナリティクス)』は、サイトのアクセス状況や、サイトの滞在時間、どんなユーザーが訪れたのかを把握するものです。

 

今回の記事である『Googleサーチコンソール』は、検索エンジンから、どのようなキーワードで訪れたのかを解析出来ます。また、表示された回数・クリック数や掲載順位まで分かります。

具体的に伝えると、人気記事が分かりますので、SEO対策としての情報を収集できます。

具体例

  • 訪問者の多い記事は、よりユーザーにとって解決出来る情報を増やし、検索上位を目指す事が出来る
  • 全く訪問されていなければ、『タイトルのキーワードの選定は合っているか』『文字数』『タイトルに基づく情報の記載』など、何が原因なのかを検討し、改善する事が出来る

 

 

初心者が必要な機能としては、上記の3つとなります。

 

では、後半からは、WordPressへ『Google Search Console』ツールを導入していきます。

頑張っていきましょう!!

baby_boy01_smile

頑張るです

 

 

 

『Google Search Console』ツールの導入方法

この『Googleサーチコンソール』の設定で難しいのは『サイトの所有権の確認』です。

「自身のGmailアカウント(サーチコンソール)と、今回作成したサイトは同じですよ」と、Googleに伝える事で様々な機能が使えるようになります。

この確認する為の登録方法がいくつもあります(汗)
登録方法の選択がある事で、初心者の方は混乱してしまうのではないでしょうか。

 

初心者に選択肢はいりませんっ!!!

 

初心者の為の【アフィリエイトのおへや】では一番簡単で最も皆さんが使っている導入方法を説明していきます。

 

 

注意!!

混乱しないように別記事で説明しようと思っているのですが、 サイトの所有権は、【www】のあるものと、【wwwなし】バージョンの2つを登録する必要があります。
取得したドメイン自体は一つなんですけどね(汗)
次回頑張って設定しましょう(*´ω`*)

 

 

 

ではでは、まず『Google Search Console』にアクセスします。
頑張っていきましょう(´・ω・`)

『Google Search Console』

 

 

①ログインされていない場合は自分の【Gmailアドレス】【ログインパスワード】を入力しGoogleへログインする

googlesearchconsole設定画像1

 

 

 

②【Google Search Console】画面が表示されたら右側にある『プロパティを追加』をクリック

ssl_searchconsole1設定画像

 

 

 

③赤枠に自身の【https://◯◯◯◯】で始まるURLを記入
『追加』をクリック

ssl_searchconsole2設定画像

 

※SSL化していない場合は、【http://◯◯◯◯】の入力ですが、SSL化を先にしてしまった方が混乱しないかもしれません。
下記を参考にして導入しましょう。

<SSLについての説明と設定方法>

「SSLa」「SSL化」「https」「https化」とは?SSLはセキュリティ対策で大切な設定!!

SSLの設定は必須!エックスサーバーのSSL設定で安全に保護されたサイトへ

 

 

 

 

④所有権の確認画面が表示されたら『おすすめの方法』にある【このHTML確認ファイル】をダウンロードする

ssl_analytics7設定方法画像

 

 

⑤このままの状態で一旦【Google Search Console】から離れる
サイトの内部構造にアクセスする必要がある

エックスサーバーのサイトからアクセスしていきます。
※他レンタルサーバーでもFTPソフトを使用して設定しても大丈夫です。

<レンタルサーバー>
エックスサーバー

 

 

⑥エックスサーバーの『ファイルマネージャー』にログインする

https4設定画像

 

⑦『所有権の確認』をするドメインを選ぶ
【public_html】ファイルをクリックすると下記の画面になる
ダウンロードしたファイルを選択し、『アップロード』をクリック

※おきくの場合ですと赤枠のように【affiliroom.net/public_html/】にファイルをアップロードします。

ssl_analytics8設定方法画像

 

※上記のようにエックスサーバーの機能を使ってファイルをダウンロード出来ますし、
 他レンタルサーバーであっても実施する工程は一緒です。
FTPソフトを使用し、【public_html】の中に先程の『Googleが確認出来るファイル』が挿入できればOKです(ダウンロードしたファイルを掴んで直接入れても大丈夫)。

ssl_analytics9設定方法画像

 

 

 

⑧再び『Google Search Console』のサイトへ戻り、緑枠の『アップロードの確認』をクリック

※新しいウインドウに【google-site-verification:google◯◯◯◯】と表示されれば成功です。
『http404未検出』と出たり表示されなければまだ所有権は受理されていません。

 

ssl_searchconsole3設定方法画像

 

 

 

 

⑨確認が出来たら、『赤枠ロボット』にチェックを入れて『確認』をクリック
下記の画像が表示されれば設定完了

ssl_searchconsole設定方法画像

 

 

 

baby_boy04_laugh

やった~終わったです~♪

 

これで『Google Search Console』ツールの設定は完了となります。

 

 

 

今回のまとめです

 

どうでしたか?『Googleサーチコンソール』の設定と、簡単にでも何が出来るか理解できたでしょうか。ほとんどWEBを制作されている方は導入されていますし、自サイトを守っていく上でも、SEO対策としても必要となってきます。

初心者にとって分からない事だらけだと思いますが、一つ一つ自分で設定していく事でサイトは成長していきます。また、難しい設定をクリアする事でサイトへの愛情も深まってきますよね。
WordPressの設定は『慣れ』でもありますので、何度も失敗や成功を体験してWEBサイト作りを楽しむ事が大切です(*´ω`*)
(失敗体験は辛いですけどね・・・・汗)

そして、自身の成長も見守ってあげましょう(´ε` )

 

と、いう事で!!!

 

自身の成長の為にも(笑)↓↓

 SEO対策として、『wwwあり』『wwwなし』の2つを登録する必要がありますので、宜しくお願いします(笑)

 

嫌がらずにまた【アフィリエイトのおへや】に来て下さいねm(_ _)m

 

 

頑張れおきく!!

自身の成長の為にも頑張っていきましょう!!

 

 

 

 

人気のある記事

アフィリエイトおすすめテーマアイキャッチ画像 1

  こんにちわ、こんばんわ、『アフィリエイトのおへや』管理人のおきくです。   2019年2月10日更新 2019年版としてテーマを随時更新しています     ...

A8.netとエックスサーバーの契約写真 2

    今回は実践としてA8.net とエックスサーバー の登録方法を画像を添えて説明していきたいと思います。   画像の通り実行していけば簡単に登録が出来ると思います。勿論初めて ...

テーマのアイキャッチ画像 3

どうもです。『アフィリエイトのおへや』管理人のおきくです。     WordPressといえば、HTMLやSSLの知識が無い初心者の方でも、ある程度簡単にカスタマイズを出来るのが魅 ...

4

こんにちわ、おきくです。 今回はASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)のお話です。   ASP!!なんだかとてもかっこいい名前が出てきましたね(´・ω・`) この『ASP』はアフィリエ ...

初心者のおすすめレンタルサーバー 5

  こんにちわ、こんばんわ!!おきくです。   今回は初心者必見!沢山あるレンタルサーバーのお話です。   なぜ有料レンタルサーバーが良いのかは下記の記事を参考にして頂け ...

-WEB関連
-, ,

Copyright© アフィリエイトのおへや , 2019 All Rights Reserved.